日本

石垣島 川平ビーチとやっぱりステーキ

沖縄県石垣島は日本でも有数のリゾート地です。

その中でも特に美しいのが川平ビーチでしょう。

その透明度は日本の海の中では最高レベルですし、何といっても色がすごいのです。これぞエメラルドグリーンという文字通り正に宝石のような色。

緑の島とエメラルドの海、そこに青空が加われば、これに勝る絶景はありません。

グラスボートが出ているので、海の中を船から見ることができます。ただ、遊泳禁止なので泳ぐことができないのが残念ですね。

ユーグレナモールにある公設市場は石垣島の特産品である牛肉や海産物などの販売やフードコートが併設された3階建ての市場です。

石垣島に来たら一度は寄ってみたい観光スポットにもなっています。

石垣島の石垣牛を100%使った石垣バーガー。

クラシックバーガーが1000円~とややお高めですが、石垣ビーフを味わうならお手頃といえるでしょう。

テーブルに用意されているハンバーガー用の紙に包んで食します。野菜もたっぷり入っているので意外とボリューム感が多すぎないところもいいですね。

公設市場には食材を販売するお店も多いので、見るだけでも楽しめます。

ユーグレナモールにはたくさんのお土産屋さんが入っています。

中でも人気なのがラー油です。

度々テレビなどのメディアでも紹介されているので、ご存じの方も多いかもしれません。

石垣島のラー油は何種類ものスパイスを使っていて、スーパーなどの普通のラー油とは別物です。手作りのこのラー油は作れる量に限りがあるため、とても人気があるそうです。味噌汁や鍋料理にも合いますし、もちろん餃子や豆腐との相性も抜群です。

沖縄といえば沖縄そば。その沖縄そばのカップラーメンをお土産にするというのはいかがでしょう?

さとうきびから作られる黒糖は普通の砂糖とは全く違い、血糖値の上昇をゆるやかにし、コレステロールの上昇も抑える働きがあります。

砂糖を黒糖に置き換えるだけでかなり生活習慣病予防に効果があるので、沖縄に来たら黒糖をぜひ買って帰りたいものです。

【やっぱりステーキ】という店名から、いきなりステーキのパクリ?と思いがちですが、沖縄では有名店。東京にも出店している人気店です。

熱した溶岩石でレアのステーキを自分で焼きながら食べるスタイルで、料金は格安になっています。

スープ、サラダ、ご飯は食べ放題。自分で好きなだけ皿に盛っていくことができるので、食べ盛りの若者にはありがたいシステムといえるでしょう。

肉厚のレアのステーキを溶岩石でジューッと焼きながら好きなだけご飯が食べられるのですから、いきなりステーキよりお得感があると思います。肉も柔らかく、とても美味しかったですよ。

石垣島に行ったら一度は行ってほしい場所の一つに玉取崎展望台があります。

海と山と空という最高のコンビネーションが素晴らしいので、おすすめです。

石垣島は3月半ば頃から10月末まで泳ぐことができる日本屈指のビーチリゾートですが、オフシーズンでもその美しい景色は十分楽しむことができます。

海やプールに入れなくても、海や自然の美しさを味わうために石垣島を訪れる人は多いです。

海外のビーチリゾートに引けを取らない日本の最高のリゾート。それが石垣島でしょう。

海の透明度、マングローブやハイビスカスのような南国の植物、美味しい料理、絶景。

1年を通して、石垣島は観光客を飽きさせることはありません。どんな季節に訪れても、必ず私たちを満足させてくれる島だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。