日本

長崎旅行【ハウステンボス】

ハウステンボスはこちらのYouTubeにて詳しくご紹介しています。

よろしかったら、そちらもご覧ください。

ハウステンボスは長崎県佐世保市にある日本一広いテーマパークです。

オランダの街並みを再現していますが、テーマはヨーロッパ全体となっています。

東京ディズニーリゾートの約1.5倍の敷地を持ち、ドラマや映画、CMのロケ地としてもよく使用されています。

園内は実に広大ですので、歩いて周るのはかなり大変です。

園内の交通手段としてバスや船がありますので、これらを上手に使って移動すると時間の節約になります。

1日で全てのアトラクションやショーを見るのは不可能というくらいたくさんのアトラクション、イベント、ショーが行われています。

パーク内にあるホテル(ホテルヨーロッパやアムステルダムなど)に宿泊するか、近隣のホテルに宿泊して、2日間くらいかけて見て歩くのがおすすです。

特に夜のイルミネーションが美しいので、夜まで見ないともったいないと思います。

バスや船に乗ると、ハウステンボスの中の景色を存分に楽しむこともできます。

風車やヨーロッパ風の街並み、運河、港。

ここにいると日本にいることを忘れてしまいます。

海外に行かなくても手軽に海外旅行の気分に浸れる特別な場所です。

インスタ映えスポットもたくさんあります。

街並みはどこを切り取っても海外のような写真が撮影できますし、アトラクションの中にはインスタ映えを意識した空間が多数あるので、友だち同士、家族などで撮影しあうのも最も大きな楽しみの一つですね。

ハウステンボスの中にはジェットコースターのような絶叫マシンはないものの、VRを使った絶叫アトラクションがいくつかあります。

特にバンジージャンプは恐怖以外の何物でもないので、絶叫系がお好きな方はぜひ体験してみてください。

モデルガンで射撃ができるGo Go Sniper Gameは3種類の銃のタイプから好きなものを1つ選び、射撃を体験することができます。

連射するタイプと、一発一発撃っていくタイプがあるのですが、初心者には連射タイプがおすすめです。

普通のおもちゃより少し重みがあり、実物に近くなっているので、海外での実弾射撃ほどではありませんが、少し特別な体験ができると思います。

ハウステンボスの中でも最も奥まった場所にあるのがパレスハウステンボスです。

17世紀にハーグの森に建てられたオランダのウィレム・アレクサンダー国王の宮殿の外観を忠実に再現した建物だということで、ヨーロッパのお城のような瀟洒な建築物になっています。

中は17世紀ヨーロッパ風の調度品や彫刻、絵画などが展示されており、イベントなども行われています。

 

ハウステンボスの入り口(出口)にある無料のラウンジがちょっと変わっているのでご紹介しておきます。

変なカフェという名前のロボットカフェです。

中には休憩できる椅子とテーブルがあるのですが、最も特徴的なのが、ロボットが飲み物を入れてくれるというところです。

残念ながら、この日はメンテナンス中ということでロボットに飲み物を入れてもらうことはできませんでした。

この変なカフェにはスマホの充電が200円でできるスポットもあります。

また、ハウステンボスには【変なホテル】というエンターテインメントホテルがあるのも有名です。

ロボットが出迎えてくれるこのホテルに宿泊するというのも、ハウステンボスの楽しみ方の1つといえるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。